2010年01月29日

ヘッヘッヘ、下は素直じゃねぇか

昨日は吉楽のエントリーフィーを払いにアワードへ。
そしてST1の投げ込み。

対戦でのスタッツは以下。
01:70.5、52.55、64.12、45.4、59.5 ave:58.41
クリケ:3.0、2.47、2.67、2.09、3.67 ave:2.79

相変わらずブルがおかしいです。
クリケは結構取り戻しつつあるのですが、とにかくBullがダメ。
Bullより、16、19、17、15のトリプルの方が入る気がします・・・・

と、店長に話してみたところ、上は上のセットの形、BullはBullのセットの形、下は下のセットの形となってて、下の時は顔がテイクバックの邪魔になってない、と教えてもらいました。

下の時は頭以上に肩と肘が下がってる、だからテイクバックがしっかり出来てる。
Bulから上は頭と肩、肘の距離が近くなるので、しっかりテイクバックできていないとのこと。

んー、思い当たります。
半年ほど前にBullが得意でクリケが調子悪かったときは、先ずBullでセットして、腰の確度だけを変えて、クリケナンバーにあわせていました。
今はその逆なわけですね。
一番自分があっているナンバーでセットして、そのまま他のナンバーにあわせて腰の確度を変える。
しばらくコレを実践してみましょう。

ダーツの前がタレ気味になる原因の一つはテイクバック。


昨日のST1

Bullに入れようとするとテイクバックが良くないので力が乗らずイマイチの飛びになる事が多いのですが、Bull周辺に集めればいいぐらいの感覚で投げると、のびのびテイクバックできて、相変わらずバッカン!バッカン!と猛烈な飛びの良さを見せます。
が、若干重いせいできちんと投げないと前がタレる症状がテキメンにでます。
軽いSTRiGHT1を投げていると、テイクバックしないと全く飛ばないので、自然とテイクバックが深くなってくるのですが、ST1だと変に重さに頼るというか、テイクバックが浅くなって結果的に飛びません。
(そういえばどっちもストレートワンがネーミングだ)

重量と重心の点についてはST2への宿題ですが、まずはST1でしっかりとテイクバックをしなくては。

RATING 7(7.38)
DARTSLIVE FLIGHT B
01 STATS 64.44
CRICKET STATS 2.48
COUNT-UP 879
LOW TON="13" HAT TRICK="1"
posted by 赤ヅマ at 18:07| Comment(0) | Play記録

2010年01月28日

ほんわかぱっぱ

あたらしいおもちゃが届いたので早速ST1の精度を検証してみました。

omocha1.jpg
デジタルノギス〜。デジタルハカリ〜。(大山のぶ代の声で脳内再生してください)

早速計測〜。

Akazuma ST1 
バレルA:17.03g
バレルB:17.02g
バレルC:17.03g
平均17.027
セット内最大重量差:0.01g

最大径:6.1mm
先端および後端:6.0mm
全長:45.0mm

omocha2.jpg
他の手持ちのバレル13セット(全て国産)も片っ端から計測してみました。
平均すると表記重量との差は0.033グラムだったので、ST1の平均誤差0.027gは優秀です。

バレル3本セット内最大重量差の平均は0.058gだったのに対して、ST1の3本のマッチングが0.01gなのもこれまた超優秀です。
しかも市販品は大量生産したなかから近い重量の3本を組み合わせるケースもあると聞きますが、3本だけ作ってこの範囲なら優秀ですね。

しかも長さ太さは完全に指定どおりでした。
(先端と後端は0.1mm小さくしました)

グレイト。

ちなみにJoker DriverのACEは、ST1と全く同じレベルの高精度。
バレル3本セット内最大重量差は0.01g。長さ太さは完全に表記通りと流石。
Samurai9が3本とも、重さ太さ長さ全て表記数値とピタリと同じ数値をたたき出しました。
たまたま当りのロットなのかもしれないけどすごい。

どれもかなり正確でちょっと残念。
残念だったのでついでにHarrowsもUnicornも1セットづつ量ってみたところ、セット内最大重量差は0.03〜0.13でした。
精度は十分いいですね。


おまけ
セッティング重量表記から、バレル単体重量を求めるときにでも参考にどうぞ。

LARO 260mmクリア:0.85g
LARO JOKERカーボン260mm:0.96g
Lフラ シェープ:0.56g
アクシャルシャフト インビト:0.62g
アクシャルフライト シェープトルネードス ピン:0.86g
Lippoint:0.27g
Target Italian:0.25g
Tigaティップ:0.36g
posted by 赤ヅマ at 00:11| Comment(0) | ダーツグッズ

2010年01月27日

久々にPlay日記

なんかPlayってエロイですね。

それはともかく、すっかりPlay日記がご無沙汰。
なんかご無沙汰ってエロ(ry

月曜はST1を手なずけるべくグルービーへ。
ところがセグがごみクズ状態で、半分以上がはじかれ、床に落ちる始末。ニューバレルがボロボロです(泣
いくらなんでもあのセグはないっしょ。店が空いてきたら、「他の台に移動しますか?」ぐらいあってもねぇ・・・

そんなこんなで練習にならなかったので、火曜はNiinoさんとバグースへ。はまればドカドカと物凄い飛びですが、ちょっと失投したときのダメさ加減も大きいです。
ちょっとデリケートなバレルになっちゃったかもなぁ。
まだまだあんまり入りませんが、馴れるまでしばらくは我慢。

今日もお金と時間と一緒にレーティングも支払ってしまいました。
トホホー。
posted by 赤ヅマ at 00:47| Comment(0) | Play記録

戦国フライト

さてさて戦国アクシアルさんから、注文していたシャフトとフライトが届きました。
戦国アクシアルなんだけどなぜかアクシャルジョイント

バレルを買ったときにいただいたのは黒のスタンダードジェットのスピンタイプ。昨日、一昨日の写真をご覧アレ。
今回届いたのはシェイプのトルネードのロックタイプとスピンタイプです。

joint1.jpg

フライト側に突起があって、それをシャフトにプチっとはめ込む構造です。
シャフトは共通で、突起の長いのがロックタイプ(写真向かって左)、短いのがスピンタイプです(写真向かって右)。シャフトの奥がキツい構造みたいですね。
奥がキツいってエロ・・・(ry
ちなみにロックタイプも力をかければ回ります。

joint2.jpg

見てのとおりトルネードはフライトにねじれが加わっていますが、ダーツを回転させるわけでなく、この空気抵抗がダーツを安定させるのだそうです。
実際に投げてみても、トルネードはスピンタイプはもちろん、ロックタイプもダーツは回転しません。
(私もダーツが飛行中に回転するもんだと思って問い合わせてしまいました)

じゃぁその安定感はというと・・・そのうち試してみます。
何投かしたところ、「ん、たしかにちょっと安定感が増したかな?」という気はします。この辺は使い込んでからですかね。

シャフトの強度はLAROより弱く、Ultima(STRONGじゃない方)より強い感じ。
タイルカーペットがあれば安心、フローリングだと怖いといった印象です。
高くなっても良いから、もっと丈夫だと嬉しいかも。

フライトにねじれが加わっていたり、ハメ込み用の突起があるので、収納は専用ケース。
シャフトごと収納できるタイプと、フライトのみ収納するタイプがあります。
ちなみにシャフトごと収納のタイプは、Lフラのスタンダードに330mmシャフトを装着したものもそのまま収納可能でした。

st1_8.jpg
ようやく僕っぽい色合いになってきました。

そういえば今日気づいたのですが、手の中でバレル同士が触れたときの音が凄く高いです。材質の違いかなぁ?
posted by 赤ヅマ at 00:05| Comment(0) | ダーツグッズ

2010年01月24日

戦国アクシアルのオーダーバレルとST1のインプレ

それでは戦国アクシアルさんのオーダーバレル作成という観点と、今回のAkazuma ST1についてインプレをそれぞれ。

戦国アクシアルのオーダーバレルについて
まず対応の良さはこちらのエントリをご参照下さい。

そして仕上がって来たバレルについてですが、昨日のエントリ、本日のエントリの写真を見ていただければその仕上がりの美しさに言葉は不要かと思います。
これまで30以上のバレルを使って来ましたが、仕上がりの美しさでは同レベルの評価ができるのはJoker Driverぐらいでしょうか。(ちょっと美しさの種類が違いますが)
正直DMC、Tripleightといった一流といわれるダーツブランドでもここまでの美しさはありません。
今回のST1はコーティングしてあるのですが、コーティング無しでも間違いない美しさでしょう。
アップの写真を見ていただくとわかるのですが、横方向に線が入っています。これがコーティングをあいまってシットリとそしてサラリとした最高の感触です。夏など汗をかきやすい時には大きな効果を生むかと思います。

st1_9.jpg

Tip、シャフトについてはコーティングのせいか若干きつめですが、硬くてしょうがないというものではありません。個人的には、Tipやシャフトが緩まないコレぐらいが好みです。

最もこだわり、それでいてイメージを伝えることができなかったのがシャークカットでしたが、何度かやり取りを繰り返し、十分に欲しかったシャークカットを実現してくれました。

最終的な満足度は予想を遥かに超えたものでした。

ただ試投げや、試作といったプロセスはありません。
なので自分の欲しいダーツは明確になっていなくてはならないでしょう。

st1_5.jpg

st1_6.jpg

Akazuma ST1について

長さ、太さはドンピシャでした。
飛びは最高に良く、カツッ!とセグに突き刺さります。
飛びが良すぎて目測よりも若干上に行く傾向がありますが、これは馴れの問題。

しかし、重量か重心についてはどちらか調整した方が許容幅が広くなりそうです。
重量を17gにしたため、インビトのセッティングだと、ダーツ全体で考えたときに、若干前が重い感じがします。
ただこの飛びの良さは17gの恩恵ですし、ストレートでセンターよりも後ろに重心を持ってくるのはとても不安があります。またどの程度後ろにするかも。この辺は使い込んで答えを出したいと思います。
またこれは完全に僕の設計ミスですが、ST1は直径6.1mmのためそのままではTipやシャフトに段差ができます。戦国アクシアルさんからの提案で先端と後端に幅1mmで0.1ミリのテーパーをつけてもらい、僕の指定で両端を6mmにしてもらったのですが、まだTipやシャフトとギャップがあります。これは6mmと指定した僕のミスです。
まぁ実害はないのですが・・・・

またシャークカットの形状は理想通りで、効果も十分に発揮してくれています。しかし1枚1枚のシャークを薄くしてもらいすぎたため、欠けやすいようです。これが自分のためだけのバレルですからこれで良いのですが、市販品なら耐久性確保のためもう少しシャークを厚くしなくてはならないでしょう。ただ自分が納得の上であれば耐久性よりもフィーリングを重視するといったリスクを負うことができるのがオーダーバレルの醍醐味でもあります。次回作成してもらうことがあったとしても、このままにするかもしれません。

st1_7.jpg

最後に、オーダー先がどこであれ、今後オーダーバレルを注文される方へアドバイスを1つ。
おそらく既製品の良い所を参考にし、悪いところを改善し、理想のバレルをイメージしていくことでしょう。
市販品のバレルの寸法の表記は一般的に最大径ですが、グリップ部や、先端、後端がその太さとは限りません。重量についてはバレル単体重量の表記でなく、セッティング重量の場合、バレル単体の重量はいくつなのか。
既存のバレルを参考にされる場合には0.1mmまで計測可能なノギス、0.1gまで計測可能な秤でチェックされることをお勧めします。
5,000円ぐらいで両方手に入るかと思います。

僕は数ヵ月後にもう一度戦国アクシアルさんにオーダーをすると思います。
本当にこれは良い体験であり、喜びでした。
もう一度この体験をし、理想のバレルを完成させたいと思います。


追って戦国アクシアルさんのアクシアルジョイントについてもインプレしたいと思います。
posted by 赤ヅマ at 23:23| Comment(0) | ダーツグッズ

2010年01月23日

戦国アクシアル製 オリジナルバレル 完成

ついに届きました。

戦国アクシアル製のオリジナルバレル Akazuma ST1。

プロファイル
全長45mm
最大直径6.1mm
バレル重量17g
センター重心
TiAlNコーティング

1.jpg

2.jpg

3.jpg


ちなみに私から最初に提出した図面がコレです。
zumen2.jpg

では早速投げてきます。
インプレは後ほど。
posted by 赤ヅマ at 15:00| Comment(3) | ダーツグッズ

2010年01月22日

来ーるー、きっと来るー

戦国アクシアルさんからバレル完成の連絡が来ました。

予定をまた前倒しです。素晴らしい…

アクシアルジョイントもオーダーしましたが、そちらも追って届く予定です。
posted by 赤ヅマ at 18:55| Comment(0) | ダーツグッズ

2010年01月21日

戦国アクシアルからイロイロ

「ちょっと奇抜すぎる形状ばかり」なんて書いちゃった戦国アクシアルですが、続々と新製品が出てきています。投げたいと思えるバレルもラインアップです。

新年になってまだ他のメーカーが新製品の投入が少ない中で、良いことです。
Webの感じからすると来月ぐらいにはGRRMも新製品が出てきそうですが。

HIDEYOSHI 101
良い意味で普通のトルピードです。
傾向としては太め重めな感じで、ドカンと飛びそう。一般受けしそうな感じです。
全長: 40mm
直径: 7.7mm
重量: 17.9g


NOBUNAGA 201
個人的には面白いと思うのはこちら。
太短いストレートというコンセプトですね。
重心がわからないのですが、もしセンター重心なら、ど真ん中を持たせるカットが面白いです。
全長: 36mm
直径: 7.5mm
重量: 17.8g


アクシャルジョイント

こちらは普通のロックタイプ、スピンシャフト(フライトのみが回転するタイプ)、ダーツに回転を与えるタイプと組み合わせを選べる新しい、シャフトとフライトです。
今までのはちょっとハウスダーツっぽかったですが、これはカッコ良いですね。ケースがまだ発売になってないのですが、発売されたら1セット買ってみようと思います。

※1月23日訂正
戦国アクシアルのひねりの入ったフライトはダーツを回転させるわけではなく、気流を安定させるだけのものらしいです。
これとはちがうのね。
posted by 赤ヅマ at 23:19| Comment(1) | ダーツグッズ

2010年01月18日

第10回アワードハウトー

01はいつもの様に入らないのですが、クリケもダメになってきて、ふてくされ最近プレイ記録のエントリの無い赤ヅマです。

昨日はアワードの第10回ハウトー。
バレルはTIGAのWolfを使用。
戦国アクシアルのオリジナルバレルの受け入れ準備のために、最近はプロファイルの近いWolfを使っています。
(まぁオリジナルバレル自体がWolfを自分に合わせてアジャストしたようなデザインなのですが)

ダブルスはいつものNiinoさんとペアエントリー。
ロビン2位抜けで本戦は1回戦敗退。2人とも年の功でボチボチ勝っていけたのですが、本戦では、年の功だけでは力及ばずでした。

シングルスは初戦敗退で、敗者復活を経てめでたく準優勝でした。
敗者復活から、本戦に戻っていくという流れだったので、なんだかんだと5連戦でクタクタでした。
特にたつさんとの試合が、ひたすら打ち合いで最高に集中力を消耗。
ともあれ大変いい試合でした。
そんなこんなで連戦が講じて、いい感じに体のほうは持続でき、なんとか勝てていたのですが、さすが決勝では集中力がもう限界。手も疲れがたまって決勝戦はグダグダでしたとさ。この日のクリケの最低スタッツは決勝戦。トホホ。

入賞は初めてハウトーに出た、Natural Nineハウトーのダブルス準優勝以来。
アワードハウトーでは当然初めてだったりします。
おかげさまで、苦節1年ようやく名前を残す事ができました。
Wolfもお疲れ様でした。ADAJに続き、カットの磨耗した体でよく頑張ってくれました。
君は赤ヅマバレル殿堂入りですよ。

しかし相変わらず01は全然削れません。
全部と言って良いほど、上がりだけで勝っています。我ながらひどい。
クリケはボチボチなんとかなるんですけどねぇ。

ともあれ、これでようやく一安心。

01のスタッツはいつものように下げましたが、クリケで収支はプラス。
ハウトーでレーティングが落ちなかったのも初めてであります。

RATING 7(7.51)
DARTSLIVE FLIGHT B
01 STATS 65.27
CRICKET STATS 2.50
COUNT-UP 879
LOW TON="14" HAT TRICK="3"
posted by 赤ヅマ at 12:32| Comment(0) | Play記録

イタリアーノ

Tipを変更しました。

US Atomicの白をこれまで使用していたのですが、最近折れる事、折れる事。
平均で1メドで軽く5本ぐらい折れる事もあったりします。

ちょっと前まで1日ぐらい全然大丈夫だったのですが、飛びが悪くなってから、1日で10本以上コンスタントに消費するようになってきました。
あまりに折れるので、ジュラコンなんかど間違えて買ってるとかと疑ったのですが、そういうわけでもありません。
飛びもともかく、もしかしたら材質が変わったりとかしているのかも・・・
(同じように感じている人いますかね?)

ちなみにUS Atomicでも黒はだいぶ粘りがあって丈夫です。

そんなわけでI&Kで代替品を物色したところTARGET Italianを勧められ変更しました。
以前のエントリでも書いたのですが、形状はほとんどAtomicと変わらず、少し細いぐらいです。
「高いけどその分だけ折れない」との言葉を信じて使ってみました。

取扱店も少なく、値段もブッチギリで高いこのTip。
1本単価でいうとLip Pointの1.5倍。Atomicの倍という感じです。
しかし、確かに全然折れません。US Atomicと比べると結果的に全然お買い得で、年がら年中Tipを交換するわずらわしさからも解放。
そして短いので波打つような曲がり方もしません。

これからはTARGET Italianを使っていこうと思います。
白のUS Atomicユーザは黒AtomicかTARGET Italianをお試しあれ。
posted by 赤ヅマ at 12:31| Comment(0) | ダーツグッズ

2010年01月13日

シール

今日はダーツライブカードの応用でこんなシールを作って、フライトに貼り付けてみました。
このシールはベースが透明なので、フライトにちょうどいい按配です。

shi-ru.jpg

しかし、だからといってダーツが入るようになるわけではありません。
posted by 赤ヅマ at 01:14| Comment(0) | ダーツグッズ

2010年01月12日

オーダーバレル ここまでの流れ

さてさてようやくオリジナルバレルの図面も確定、入金も終了。
そこでここまでの流れを簡単にレポートします。

なんとなく発見した戦国アクシアルのサイトに以下の記述。

>【オーダーメイド】
>オーダーメイドのバレル製作も承ります。オーダーメイドはカード決済不可です。
>詳しくはお問い合わせ画面よりお願い致します。

オーダーバレル専門ではなく、通常のラインアップもあるところで、オーダーバレルの作成を謳っているところというのは初めて見ました。(どっかあるんですかね?)
品質や仕上がりをマスプロダクションモデルで確認できることと、そうしたマスプロモデルのビジネスをしているという点から、対応、品質への安心感があったことが、今まで見てきたオリジナルバレルのメーカーとは違っていました。

既製品はあいにく好みとは違っていたのですが、複雑な形状を高精度で加工しているように見受けられます。

そこで、早速メールで問合せをしたところ、1時間程度で返信。
レスポンスが早く、メールの文章もキチンとしています。
こういうことは凄く大切。

タングステン90%で17,800円、95%で19,500円。
それにTiNもしくはTiAINコーティングで8,500円プラス、DLCで16,800円プラス。
とっても明朗会計です。
こうしたオーダーものは定価の安い高いより、明朗会計であることの方がずっと大きなポイントです。
値段もDMCやASTRA DARTSあたりとの価格差はわずかで、この値段でオリジナルバレルが作れるなら安上がりです。
納期はコーティングなしで、図面確定後1週間。コーティングありでプラス10日程度とのこと。

ともあれグッと安心感を得たので早速決断。
翌日にはオーダーの旨を連絡し、手書きで良いとのことでしたが、MS Wordで作成した図面を送付しました。
私の場合ストレートバレルのオーダーなので、Wordでそれなりにイメージに近いものがものが作れます。戦国アクシアルさんから届いた図面を見た際にもイメージのブレはほとんどありませんでした。
(このあたりはストレートバレルの特権ですね)

Wordの図面を送付すると翌日には先方から正式な図面が届きました。早い!
前述の通りイメージと相違ないので、極わずかな点のみ確認。
一日でメールや図面が2,3往復するレスポンスの良さで気持ちよく作業は進行。
バレル両端の部分については、先方からご提案もいただき、即採用。
わずか、2〜3日であっという間に図面が確定してしまいました。

料金も振り込み終わり、あとはバレルが届くのを待つばかりです。

バレルが届いたら写真など掲載の上、インプレしたいと思います。

ちなみに私から提出した図面はこんな感じです。↓

zumen.jpg
posted by 赤ヅマ at 13:10| Comment(2) | ダーツグッズ

2010年01月08日

Akazuma ST1

Joker Driverまで行ったら、もうバレル道はゴール。
そんな風に考えていた時期が、僕にもありました。(AA略

しかし自分の理想のバレルを手に入れるためには、もう一つやることがあります。
それはオリジナルバレルの作成です。

道具を使うという事において、90%自分にあったものを選択し、最後は人間の側が合わせる、というのは確かに一つの方法ですが、やはり100%自分に合った、自分のためだけの道具、そうしたものを手にしたくなります。

先日のエントリで戦国アクシアルさんを紹介しましたが、その後オリジナルバレル作成について問い合わせたところ、素晴らしく良い対応をしていただいており、あっという間に話が進み、本日図面が確定しました。

バレル名は「Akazuma ST1」。
赤ヅマストレートの1本目です。

本当に心躍ります。

オーダー過程、バレル紹介などは、またそのうち別のエントリにて。
(まぁ、どんなバレルかは、容易に想像が付くでしょうが)

え、Rt7や8ぐらいでそんなもんいらないだろうって?
それは言いっこ無しですよ。
posted by 赤ヅマ at 18:30| Comment(0) | ダーツグッズ

2010年01月06日

おんまさん

あいも変わらずイマイチさんです。
昨日は忘年会の写真を届けにアワードへ。
そしてついでにボチボチ投げましたが、相変わらずな感じ。
1度だけミラクルがありましたが、それをのぞくと相変わらずシャキっとしませんね。

01:61.78、 62.67、 65.0、 79.25、 63.38  AVE:66.42
クリケ:5.4、 2.82、 2.5、 1.53、 1.8  AVE:2.76

久々のお馬さんが出ましたが、出るべきところがこのタイミングではありません・・・
まぁキャッチではなく狙って出したのは嬉しいのですが、成功すべきタイミングはもっと他にあるはずです。

Wolfがカットの磨耗で勇退したので、最近はACEを集中的に使っているのですが、いいときはBlack並みのグルーピング、ダメなときはトリプルリングという感じで極端な感じです。
最近身の回りの人がどんどん上手くなってきているのですが、僕は反比例するようにヘタクソになっていくのであせります。

いやはや困ったねぇ。
低迷にも慣れてきてしまいましたよ。

RATING 7(7.35)
DARTSLIVE FLIGHT B
01 STATS 65.83
CRICKET STATS 2.41
COUNT-UP 879
LOW TON="13" HAT TRICK="3" WHITE HORSE="1"
posted by 赤ヅマ at 13:26| Comment(0) | Play記録

戦国魔人ナンバーワン

赤いボターンを〜知って〜るか〜、青いボターンを〜知ってぇるかぁ〜〜。
それは戦国魔人ゴーショーグン。

ということで、たつさんBlogの広告欄でダーツの新ブランドの広告が載っていました。
【SengokuAxial】(戦国アクシアル)http://sengoku-darts.com/

株式会社 中予精工(http://chuyo-seiko.jp/)というところのダーツブランドらしいです。
タングステン95%、90%、ステンレスのバレルがラインナップにあり、全体的に丸みを帯びたデザインのものが11種類あります。
またゴールド、チタン、DLCなどの加工もオプションで可能。

写真を見る限りでは品質は良さそうですし、結構複雑な形状でもいけそうですね。
あとはシャフトとフライト一体型(ハウスダーツみたいな感じ)のスピンシャフトも並んでいます。(フライトが回転するのではなく、ダーツに回転を与えるほう)

投げてみないと良し悪しが分からないのがダーツですが、とりあえずユニークなラインアップですね。

ちょっと奇抜すぎる形状やカット的に僕が欲しいのは無いのですが、オーダーバレルも作成しているようです。

ちょっとウォッチしてても面白いブランドかもしれませんね。
posted by 赤ヅマ at 13:03| Comment(0) | ダーツグッズ

2010年01月05日

初詣-皆中稲荷神社

正月に実家に行った際に、近くのとある神社に行ってきました。
前々から行こうと思ってたのですが、皆中稲荷神社http://kaichuinari-jinja.or.jp/
新宿の新大久保駅のお隣にあります。
スーパーコリアンタウンの真っ只中です。
(僕が子供の頃はそんな街ではなかったのですが・・・・)

新宿百人町は徳川幕府が鉄炮組百人隊というのをこの地に駐在させた事が由来になっています。
まぁ今でもいろんな意味で拳銃とか多そうな町ですが、それはさておき。

由来は以下の通り。(公式サイトより)
当時、鉄炮組与力が射撃の研究に精魂を傾けておりましたが中々思うに任せず、稲荷之大神が夢枕に立たれ霊符を示されました。翌朝不可解なまま社頭にお参りを済ませ、大矢場にて射撃を試みたところ百発百中、見事な進境に驚いたとのことであります。

そして百発百中>「皆当たる」>皆中神社となったそうです。

今は「当たる」ということに引っ掛けて、宝くじなどのギャンブル関係の神社としてよくお参りされているらしいのですが、的に当たるようになる神社なんて正にダーツにうってつけじゃないですか!
残念ながら既に時間が遅く、お守りなどは買えませんでしたが、しっかりお参りしておきました。
また日を改めてお守りを買いに行ってまいります。(販売は4時半までらしいですが、通販もあるようです)

公式サイトを見ると絵馬やらお守りやらはダーツにうってつけな感じです。

ご利益がありますように。

image.jpg

ちなみにお札の販売時間などを聞くため電話をしたら大変態度が悪かったです。
どうかと思うな。お稲荷さんが泣いてますよ・・・
posted by 赤ヅマ at 11:21| Comment(0) | ダーツグッズ

2010年01月04日

2009年総括

遅まきながら2009年総括です。

前半は着実な進歩がありましたが、後半は全然進歩無く。
ピークはRatingで8.5、01で73、クリケで2.75。

年末は綺麗のグダグダに終わり、ここ半年で最低レベル。
終わりよければ、といいますが、終わりが最悪です。

まぁ、色々経験できました。

湾岸、DJO、ADAJなどボチボチ大会に参加。
ADAJでは良い仕事ができました。

バレルもいっぱい買いました。
すっかりストレート派になりました。

Aフラの目標はダメでした。
それどころかBBキープもできませんでした。

来年こそはAフラです。
とにもかくにもそれが目標です。


RATING 7(7.19)
DARTSLIVE FLIGHT B
01 STATS 65.70
CRICKET STATS 2.34
COUNT-UP 879

■AWARD■ 累計
今月
SINGLE BULL 22074 896
DOUBLE BULL 4427 157
LOW TON 4327 161
HAT TRICK 648 37
HIGH TON 23 0
3 IN A BED 24 2
WHITE HORSE 8 1
TON 80 5 0
3 IN THE BLACK 7 0


そうそう吉祥寺に新しいダーツスポットができました。
プリィモア 吉祥寺店
小奇麗なダーツ場スタイルです。
台数が多く、ボチボチ安いので投げ込みには良い感じです。
ノーチャージのワンドリンク。
ハッピーアワーはオール100円。18時以降は100円で01、クリケが15ラウンドだそうです。

今日はNatural Nineで小物をお買い物。
330のシャフトとスタンダードのLフラを購入。
ACEを後ろにバランスを寄せてみます。
jshaft.jpg
posted by 赤ヅマ at 22:18| Comment(0) | Play記録

2010年01月02日

ACE2

Jokerdriverで新作発表だお。(^ω^#)ビキビキ

なんつって。

リングとシャークのダブルカットみたいね。
普通のシャークじゃなさそうだから残念さ半減。
普通のにしなさいよ・・・
posted by 赤ヅマ at 10:22| Comment(0) | Play記録