2010年01月29日

ヘッヘッヘ、下は素直じゃねぇか

昨日は吉楽のエントリーフィーを払いにアワードへ。
そしてST1の投げ込み。

対戦でのスタッツは以下。
01:70.5、52.55、64.12、45.4、59.5 ave:58.41
クリケ:3.0、2.47、2.67、2.09、3.67 ave:2.79

相変わらずブルがおかしいです。
クリケは結構取り戻しつつあるのですが、とにかくBullがダメ。
Bullより、16、19、17、15のトリプルの方が入る気がします・・・・

と、店長に話してみたところ、上は上のセットの形、BullはBullのセットの形、下は下のセットの形となってて、下の時は顔がテイクバックの邪魔になってない、と教えてもらいました。

下の時は頭以上に肩と肘が下がってる、だからテイクバックがしっかり出来てる。
Bulから上は頭と肩、肘の距離が近くなるので、しっかりテイクバックできていないとのこと。

んー、思い当たります。
半年ほど前にBullが得意でクリケが調子悪かったときは、先ずBullでセットして、腰の確度だけを変えて、クリケナンバーにあわせていました。
今はその逆なわけですね。
一番自分があっているナンバーでセットして、そのまま他のナンバーにあわせて腰の確度を変える。
しばらくコレを実践してみましょう。

ダーツの前がタレ気味になる原因の一つはテイクバック。


昨日のST1

Bullに入れようとするとテイクバックが良くないので力が乗らずイマイチの飛びになる事が多いのですが、Bull周辺に集めればいいぐらいの感覚で投げると、のびのびテイクバックできて、相変わらずバッカン!バッカン!と猛烈な飛びの良さを見せます。
が、若干重いせいできちんと投げないと前がタレる症状がテキメンにでます。
軽いSTRiGHT1を投げていると、テイクバックしないと全く飛ばないので、自然とテイクバックが深くなってくるのですが、ST1だと変に重さに頼るというか、テイクバックが浅くなって結果的に飛びません。
(そういえばどっちもストレートワンがネーミングだ)

重量と重心の点についてはST2への宿題ですが、まずはST1でしっかりとテイクバックをしなくては。

RATING 7(7.38)
DARTSLIVE FLIGHT B
01 STATS 64.44
CRICKET STATS 2.48
COUNT-UP 879
LOW TON="13" HAT TRICK="1"
posted by 赤ヅマ at 18:07| Comment(0) | Play記録