2010年06月08日

街を包むMignight fog

ジジイになってきたので、ますます僕のサイコガンが弱くなってきました。

そんな爽やか中年らしからぬ僕の悩みはどうでもいいのですが、DMCのCobra Mark1です。
なんとなく形がサイコガンに似てますね。
それは〜まぎれもく〜や〜つさ〜♪

cobramk1.jpg
全長:38.5mm
最大径:7.5mm
重量:16.5g
Acuteで太く短いというのが特徴ですね。
似た感じのバレルというとGHOST III のSLEEKですかね。

知人が買ったのを投げさせてもらったのですが、Explorerとは全然違う印象。(UNITEはほとんど投げたことがないので良く知らないのですが、見た目は似てますね)
Explorerはリア重心をさらに後ろから押しだす感じですが、Cobra Mk1はミッドリア重心を、重心そのものを持って投げる感じです。
ST1.1やSOHAYAといい、そういうの最近流行ってるのか???

ショートシャフトのセッティングだと1番前のシャークあたりが重心。
インビトあたりだと2番目のシャークのやや前寄りぐらいに重心がくるのでしょう。

とにかく数値以上に太く感じます。最大径7.5mmはまぁ、そこそこの数値ですが、その最大径の部分をモロにグリップする形状なのでなおさらです。
※どうでも「良くない」話ですが、バレルメーカーは最大径だけでなく、標準的なグリップ位置の直径も記載すべきだと思います。

見た目はST2と天地程も違うCobra MK1ですが重心グリップは一緒なので意外と自然に投げられました。(長さには戸惑いましたが)
Explorer程より人を選ばない感じです。
ただ短く太いがゆえに重量が集中していて、ボヤボヤしてると点で投げる印象が強くなっているような感じがします。
カットは存在感抜群で、グリップ位置を決めるのには良いのですが、かかりはそんなに強烈ではありません。

しかしいきなりMk1ですか。Mk2はどんなのでしょうね。
変形したり、黒かったりするのではと思ってしまうガンダム世代。

しかしあえて最後はこの言葉で。

次回、コブラMk2でまた会おう!
posted by 赤ヅマ at 11:13| Comment(0) | ダーツグッズ