2010年08月30日

最近の赤ヅマさん

はてさて普通の人はいい試合を発奮して自分も頑張れたりするものですが、赤ヅマさんはあいかわらずグダグダです。

6月にDarts EXPOを観戦した日の夜から相変わらずです。
まず飛びが悪くなり、スタンスがわからなくなり、腕がまっすぐ伸ばせなくなり、それを直そうとああでもないこうでもないとやって、深みにはまっています。
ダーツを初めてから、飛びが悪くて悩んだ事なんかなかったのですが…

Aなどに戻れる気配もサラサラ無く、8をなんとか死守するのがやっと。
黙々ダーツの名の通り、一人練習をかなりする方なのですが、ちょっと前なら1501を15ゲームをやれば20〜30Hatは出せていたのに、いまや同じだけ投げても3Hatとかもザラです。
今はLOW TONを出すのが、ちょっと前HATを出す様な難易度です。

スタンスやらなんやらはまぁ気長になんとかしていけると思うのですが、腕が固くて、引く事もまっすぐ伸ばすこともできないのは困ったものです。
たまにポンとはまって調子が戻る事もあるので、ちょっとした事だとは思うのですが。

そんなこんなで相変わらずの3カ月なのです。
ムキー!
posted by 赤ヅマ at 15:18| Comment(0) | Play記録

burn.2010

土日は引きこもってburn.2010を観戦。

今年はJOKER DRIVERのk.zuこと、平内 和之選手が、セミファイナルに進出。
k.zu君はホームショップ、アワードの開店当時スタッフをしており、色々と教えてもらったりしました。
その後はアワードから別の店舗に移ったものの、家が近く、町を歩いていると、どこからともなく、赤ヅマさん!と声をかけてくれる存在です。

実は僕はダーツの大会はあまり見ないのですが、今回は話が違います。
セミファイナルから有料視聴権を購入し、かぶりつきで応援です。

K.zu君以外だと僕が何となく星野好きなのは過去にも書いたりしてますが、二人ともフォームは全く異なりますが、共通点は投げる姿が優美で本当に美しいのです。
たった244cm先にダーツを投げる。それだけでこんなにも、優雅さとか美しさを出せるものなのかと思います。

そんなわけで普段なら星野選手をちょいちょい観戦するぐらいなのですが、今回は何よりもK.zu君の応援です。

詳細はたつのダーツ日記さんにまかせますが、どれも本当に魅せられるダーツでした。
土曜は観戦しつつも一人声を張り上げ、日曜日からはアワードの元店長やスタッフお客さんなども我が家に集まって4名で観戦しました。
実況に「ノーマークだった選手」などと言われつつも、これからは、誰にもそんなことは言わせない、誰もが注目するメジャープレーヤー。
試合を見ても貫禄というか落ち着きというか、そういった空気はK.zu君はburn.ファイナリスト達の中でも光っていました。

準決勝で敗れこそしたものの、結果はベスト4入り。
本当におめでとう。

アワードを離れてからK.zu君のダーツを見る機会が減ってしまいましたが、これからは大きな大会、その動画配信やDVDなどで見る機会が増えそうです。

準決勝
×村松 治樹(中継あり) 

グランドファイナル
×鈴木 猛大(中継あり)
○木山 幸彦(中継あり)
○江口 祐司(中継あり)

プレーオフ
○藍園 英樹(中継あり)

セミファイナル
○勝見 翔(中継あり)
○藤原 玲
×中谷 一輝

ちなみに星野選手はプレーオフで敗退。
星野選手対K.zu君のエレガントかつ熱いダーツを見てみたかった気もしますが、その機会もそう遠くなく訪れるでしょう。

※プレイ日記ではありませんが、一応そのカテゴリにしました。
posted by 赤ヅマ at 14:58| Comment(2) | Play記録