2010年12月01日

DIMENTION after hours

昨日はStarLight2のエントリを書いたご利益なのか、Bagus主催のDimentionのafter hoursを知り急遽参加。
襟足こと星野さん、T-arrowこと谷内さん、MIHOこと岩永さんとの対戦イベントでした。参加に当たってはひろこさん、涼ちん、主任さんなどに色々お世話になりました。多謝。

会場は新宿のBagus。広い場内はPhenixとLiveがたっぷりと配置され(普段はビリヤードのある場所?)、入場料を払ったらあとは投げ放題。
プロとの対戦は501の1本勝負。1回は入場料に含まれ、2回目以降は500円でした。

仕事を振り切って来たせいか、まぁアップの入らないこと。今度は天罰でしょうか。

まずは谷内戦。
はい、入りません。スタッツは16.5。まぁアップもほとんど出来てないのでまだこの時はそこまで落ち込みはしなかったのですが。
谷内選手は初めて実物を見ましたが、対応なんかもすごくファンおもいな感じでとっても好印象でした。試合の様子なんかを見ると冷たそうな感じがしていましたが、ずいぶん高感度があがりました。そしてデカかった・・・僕も180センチちょいあるのですが、さすがプロはスケールが違う。いろんな意味で。

続いてはMIHO戦。前回八王子で対戦したときに150aveを食らった雪辱を晴らすべく対戦しましたが、スタッツは15.46。本日の最低スタッツワロス。
3日はペアで星野さんと対戦することになるはずなので、好調なのは大変結構(?)。
MIHOさんは1投1投を丁寧に丁寧に時間をかけて投げていたのが印象的です。見習わなくちゃ。勉強になりました。

そして待望の星野戦。やっぱり腰が低くて優しそうないい人でした。対戦希望者が一番多くて大変そうでした。
スタッツは19.66とこれまた悲惨な結果に。
対戦よりフォームを見ることが目的だったわけですが、結構パワフルに投げている印象。映像で見ると、しなやかでスムースという印象でしたがずいぶん違います。
擬音で表現すると
映像だと「ツン、パターン、シュッ」という感じですが、昨日は「トーン、グゥッ、ドーン」
という感じ。
実際に違っていたのか、最近はこうなのか、印象の問題なのかはわかりませんが、連続で何十試合もされてるのでそのあたりもあるのかもしれません。

最後のサイン会では星野さんにライブカードにサインをいただいたのですが、「この絵柄の上に描いちゃってもいいの?もったいないよ」とかマジックの乾きが悪いことを気にされてスタッフに別のマジックを頼んだりと、やっぱり感じの良い方です。
とりあえず星野モデルのLフラを4つほど会場で買い占めておきました。

今回の3人は超大御所揃いということもあってか、皆さんファンサービスは素晴しかったです。
こうやってファンっていうのは増えていくんでしょうねぇ。
星野さんとMIHOさんは、また金曜日にお願いします!
posted by 赤ヅマ at 10:41| Comment(0) | Play記録