2010年04月01日

奥さんと別れてくれるって言ったじゃない

ということで2号さんこと、ST2。

そう、SengokuAxial製オリジナルバレルのAkazuma ST2の図面が完成し、発注を完了しました。

テーマはセッティング時にグリップポイントに重心が来ること、そして適度な重量の両立。
ST1.1からのテーマを追求し、各部のリファインをしたモデルになります。

Wolfのようにバレル重量がある程度軽ければ、シャフトやフライトの影響が大きく、グリップポイントに重心が来易いのですが、16.5gだとかなり事情が異なります。17gのST1や18gのACE2009は言わずもがな(チタンシャフトでも使えばともかく)。

そこでST2ではバレル単体で16.5gでを維持しつつ、インビトセッティングで、グリップポイントに重心を持ってきます。最初からミディアムを使わないのは、セッティング幅を残すため。

コーティングはまたTiTAINです。

完成したらまた続報をエントリいたします。
posted by 赤ヅマ at 17:59| Comment(0) | ダーツグッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。